最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

史上最強!?酢たまねぎとは?

投稿日:

玉ねぎを使った料理で最も簡単な方法をお伝えします。

スポンサーリンク

 

それは、酢玉ねぎです。

 

酢玉ねぎは、免疫力を高め老化を防ぎ、耳鳴り、白内障、糖尿病、高血圧、物忘れ、動脈硬化などを防ぎます。

 

ではなぜ酢なのか?

 

それは、そもそも酢自体にも疲労回復効果、多くの健康効果がある事と、生玉ねぎの刺激臭を和らげ、食べやすくする長所があります。

また、酢を加える事で玉ねぎのミネラル成分が体内に吸収しやすくなります。

ですので、玉ねぎの抗酸化作用や免疫力を高める作用などがより発揮しやすくなるのです。

 

そして、この酢玉ねぎの作り方は小さなお子さんでも出来る位簡単です。

 

【酢玉ねぎ 作り方】

 

材料:玉ねぎ2個、酢500ml

1、 玉ねぎの皮をむいて水洗いし、みじん切りにする。

2、30分~1時間ほど放置する。

3、清潔な瓶に玉ねぎを入れる。

4、酢を注ぐ。

5、ふたをして冷蔵庫で保管し次の日から1日50gを目安に食べる。

 

 

 

【嬉しい 玉ねぎ豆知識】

 

私たちの身体には、サーチュイン遺伝子という老化を防ぐ長寿遺伝子が組み込まれています。

 

玉ねぎに含まれるケルセチンが、この長寿遺伝子のスイッチを入れてくれるのです。

それによって、耳鳴りや難聴、白内障、飛蚊症、物忘れなどの症状を、予防、改善する効果が期待できます。

 

 

【嬉しい玉ねぎ豆知識2】

美味しい玉ねぎの選び方

皮につやがあり、押すと芯がかたいものが良いです。

芽や根が出ているものは水分が少なく、味が落ちている可能性があるので避けましょう。

 

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

デジチケ / デジタルチケット

  チケットの高額転売の対策として スポンサーリンク 導入されていると言われている デジタルチケットでトラブルがあったようですね。   今回はジャニーズジュニア祭りで このデジタル …

no image

栄養豊富な魚について知ろう! その1

  栄養豊富な魚について知ろう! スポンサーリンク   カツオ    生態 カツオは20~30度の暖かい水温を好み、 また塩分の薄い海水を嫌います。 初春の頃、フィリピン …

no image

身体の仕組み その3

  肝臓 スポンサーリンク 肝臓は化学工場と呼ばれるとともに、人体最大の臓器でもあります。 腹腔内で肋骨の下に存在しており、大量の血液を含んでいるので体の中で最も高温で暗紫色をしています。 …

no image

身体の仕組み その9

  セロトニン スポンサーリンク セロトニンは行動には抑制的に働くが、気分は興奮させる方向に働きます。 脳のどの部分でセロトニンが不足しているかによっても異なる病気としてあらわれます。 体温 …

no image

身体の仕組み その8

  脳、神経系 スポンサーリンク 脳 脳は大きく大脳、脳幹、小脳に分けられます。   大脳 大脳は前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉に分かれています。 その内側には大脳辺縁系、大脳基底核が存在し …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索