最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

奇跡の玉ねぎパワー!

投稿日:

スポンサーリンク

 

【玉ねぎの奇跡!脳卒中や心臓病を招く血栓ができるのを防ぐ】

 

玉ねぎは最新の研究結果で血圧を下げる効果がある事がわかってきました。

遺伝的に高血圧になりやすいマウスに、玉ねぎのエキスを飼料として投与した所、4週間後から血圧が下がり始め、その後も継続して下ったのです。

玉ねぎには、イソアリインというイオウ化合物と、アリナーゼという酵素(消化や呼吸など、体内で行われる化学反応を促進する物質)が別々に含まれています。

玉ねぎを切って、空気にふれる事でこの二つの成分が混ざり合いチオスルフィネートという別の物質に生まれ変わります。

 

このチオスルフィネートは、ガンの発生を抑制し、ぜんそく発作をおさえ、痛みを鎮め、血糖値を下げると実に多くの薬効が確認されています。

 

【疲労回復そして、白内障さえも防ぐ事ができる!?】

チオスルフィネートを作るイソアリインは、ビタミンB1と結合してアリチアミンという物質になります。

アリチアミンは糖の代謝を高める物質です。

糖の代謝が高まると、疲労物質の乳酸ができにくくなり、疲労回復効果が高まります。

 

また、玉ねぎを食べるとグルタチオンが摂取できますから、肝機能が高まり、白内障になりにくくなるとされています。

 

 

【玉ねぎはガンを抑制する効果がある!?】

アメリカのコーネル大学の研究によると、玉ねぎに大腸ガンや肝臓ガンを抑制する効果がある事もわかってきています。

ではどのくらい玉ねぎを食べると効果があるのか?それは、たったの1日50gが目安です。

つまり、玉ねぎ4分の1個で十分です。

またにおいの強い玉ねぎほど効果が高いとされています。

まさに奇跡の野菜ですね。

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

玉ねぎの歴史

玉ねぎ スポンサーリンク 健康に良いと言われている玉ねぎ。 今ではとてもお馴染みです。       でも、、そもそも玉ねぎの起源、歴史って?   【玉ねぎの歴史 …

no image

身体の仕組み その6

  泌尿器系 スポンサーリンク 物質交代の最終産物、つまり体内各所で物質が燃焼した結果生じた分解産物を、血管によって運んできて、その中に含まれている老廃物である尿を生成したり血液の症状を一定 …

no image

ミネラルを知ろう!その1

  ミネラル スポンサーリンク この地球上にある元素のうち4元素を除いたものをミネラルといいます。   三大栄養素、ビタミンと並んで五大栄養素の一つに数えられています。 &nbsp …

no image

栄養豊富な魚について知ろう! その1

  栄養豊富な魚について知ろう! スポンサーリンク   カツオ    生態 カツオは20~30度の暖かい水温を好み、 また塩分の薄い海水を嫌います。 初春の頃、フィリピン …

no image

ピザポテト 販売休止!?

ピザポテト スポンサーリンク   カルビーは4月中旬より、じゃがいもの収穫不足の影響で、 じゃがいもを原材料に使用する一部商品を休売、終売するとの事です。   22日からは、ピザポ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索