最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

脂質について知ろう!

投稿日:

最も大きなエネルギー源 脂質

スポンサーリンク

 

脂質と聞いてあなたはどのように感じますか?

何だか体にとって悪くて、太るイメージなどあるかも知れませんね。

 

もちろん、たくさん摂り過ぎるのは駄目ですが、

とても重要な栄養素になります。

 

それでは、脂質は具体的にどのような働きをしているのか?

それは、体のエネルギー源になっていて、車でいう所のガソリン。

 

そして、三大栄養素である「タンパク質」「脂質」「糖質」のなかでも

最も大きなエネルギー源になるのが脂質です。

 

糖質のエネルギーは1gあたり4キロカロリーで

すが、脂質は糖質の倍以上の9キロカロリーです、とても大きなエネルギーです。

 

脂質は、体の機能を整えるホルモンの材料となったり、油で溶けるビタミン吸収のサポート、細胞を包む膜をつくるのにも重要な役割を果たしています。

 

美容にもとても重要、でも摂り過ぎには注意を!

 

食用の脂質にはごま油、大豆油、コーン油、オリーブ油のように常温で液体のものと、

ラードやバターのように固体のものがあります。

 

また、魚や肉などの動物性食品や穀類、豆類、乳製品、卵にも含まれていますので

実は意識していなくても、毎日の食事でたくさんの脂質を摂っています。

 

とても重要な栄養素の一つですが、やはりバランスが大事!

摂り過ぎには注意していきましょう。

 

脂肪の摂り過ぎは肥満を引き起こし、脂質異常症、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病になりやすく、乳がんや、大腸がんにもつながってしまうので注意が必要です。

 

ただし、脂質はタンパク質と一緒になって人間の細胞膜をつくることにも大きく関わっているので、不足してしまうと、肌のハリがなくなってガサガサになり、髪の毛のツヤも失ってしまいます。

 

コレステロールとは?

 

コレステロールとは脂質の一種で、コレステロールは悪者として見られる事がありますが、

それは誤解です。

 

コレステロールは全身にある細胞を覆う膜や、脂肪の消化を助ける胆汁酸の材料になっています。

 

血管も細胞で出来ていますので、生きていくために欠かせない栄養素です。

 

 

脂質をしっかり摂れる食材!

 

・鶏モモ肉

・サンマ

・豚肉

・牛肉

 

など。

 

豆知識:健康に良い油とは?

 

体にとって大事な栄養素である脂質は様々な成分が結びついてつくられています。

その一つに脂肪酸と呼ばれるものがあります。

 

脂肪酸は大きく「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二つのタイプに分けられます。

 

飽和脂肪酸の一つであるパルミチン酸、これは牛の脂肪であるヘットや豚の脂肪のラード、乳脂肪のバター、卵など動物性の脂質に多く含まれています。

 

飽和脂肪酸は実は体内でも合成できるので、摂り過ぎると中性脂肪やコレステロール濃度が上がってしまいます。

よくテレビや雑誌で見かける「血液ドロドロ」状態になります。

 

その一方で魚類や植物油に多く含まれ、コレステロール値を下げる作用があるのが不総和脂肪酸。

 

一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられ、さらに多価不飽和脂肪酸にはn-6系列の脂肪酸、n-3系列の脂肪酸などの種類があります。

 

真の健康に向けて

 

健康にワクワク自分の夢を叶えていく為には、

やはり情報収集をしていく事がとても重要です。

 

これはもちろん健康だけに限った事ではありません。

 

ビジネスでも投資でもやはり最上流の最新情報を手に入れる事がとても重要です。

 

知っているか知らないかでとても差がついてくるものなのです。

 

ドンドン健康になってドンドン夢を叶えている人の特徴として、

やはり、貪欲に健康について学んだり、情報収集したり積極的に行動をしています。

 

決して受け身ではありません。

 

あなたも、もし真の健康を手に入れて自分の夢、目標を叶えていきたいと考えているのであれば、ぜひ積極的に情報収集をして行動をしていく事をオススメ致します。

 

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

身体の仕組み その8

  脳、神経系 スポンサーリンク 脳 脳は大きく大脳、脳幹、小脳に分けられます。   大脳 大脳は前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉に分かれています。 その内側には大脳辺縁系、大脳基底核が存在し …

no image

栄養は奥深い!

  ポリフェノール スポンサーリンク  ポリフェノールは機能性成分の一つで、多くの植物に存在する色素や苦み、渋みの成分となる化合物の総称です。 種類は5000種類以上あると言われています。 …

no image

多くの人が悩まされている 腰痛について

  腰痛 最新情報 スポンサーリンク   腰痛などは本来痛みが出ても人間には自然治癒力が備わっているので、 数日経過すれば本来痛みは消えていくものなのです。   何万年も …

no image

身体の仕組み その7

  嗅覚、味覚 スポンサーリンク 空気を取り入れるための器官の鼻は、臭いを嗅いだりするため嗅覚器官でもあります。 入り口付近は鼻孔といい、鼻孔を含めた鼻の空洞全体を鼻腔といいます。 また、人 …

no image

ビタミンについて知ろう!その2

ビタミンE スポンサーリンク  ビタミンEは若返りビタミンと言われています。 そもそも老化の原因は活性酸素です。   活性酸素とは文字通り活発な酸素、つまり酸化させる力がとても強い物質になり …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索