最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

ビタミンについて知ろう!その2

投稿日:

ビタミンE

スポンサーリンク

 ビタミンEは若返りビタミンと言われています。

そもそも老化の原因は活性酸素です。

 

活性酸素とは文字通り活発な酸素、つまり酸化させる力がとても強い物質になります。

この活性酸素が細胞を攻撃すると、細胞膜の脂質が酸化して過酸化脂質となり、

臓器や皮膚などの老化の原因になります。

 

ビタミンEは脂溶性ビタミンとして細胞膜に存在し、活性酸素の攻撃から細胞膜を守る働きをしてくれます。

しかし、体内では生成されないので食品から摂ることがとても重要になります。

 

女性にとってかなり重要なビタミン!

 

ビタミンEは活性酸素の働きを抑えて老化のスピードを緩め、サビにくい体をつくるのに必要です。

特に女性にはありがたい効能が沢山あります。

 

先ず、女性ホルモンの生成を助けて生殖機能を保護する働きです。

生理不順や生理痛の改善、不妊にも効果があると言われています。

 

ビタミンEがしっかり摂れる食材!

 

・ヒマワリ油

・パプリカ

・モロヘイヤ

・カボチャ

・アーモンド

 

など。

 

ビタミンK

 

ビタミンKは血液と骨に必要不可欠なビタミンです。

出血した時に血を止める働きをするため、止血ビタミンとも言われています。

 

血液を固めて止血させる為の因子を活性化させています。

 

ビタミンKが不足すると出血が止まりにくくなったり、鼻血が出やすくなったりします。

 

また、骨のタンパク質を活性化させて、骨の材料となるカルシウムをしっかり取り込む手助けをしてくれます。

 

不足すると、せっかく食べ物から吸収されたカルシウムが骨から血液に溶けてしまいます。

 

虫歯や骨折をしやすくなったり、骨粗鬆症になったりしますので注意しましょう。

 

ただ、ビタミンKは食品から摂取するほかに、腸内環境によっても合成されるので、それほど心配する必要はありません。

 

ビタミンKがしっかり摂れる食材!

 

・ヒジキ

・トウミョウ

・糸引き納豆

・モロヘイヤ

 

など。

 

ビタミンB1

 

ビタミンB1の働き、それは疲労回復です!

体は運動をすると乳酸という物質が溜まって疲れや、だるさを感じる仕組みになっていますが、ビタミンB1はその乳酸を分解してエネルギーにかえる手助けをしています。

 

また、ビタミンB1は糖質の代謝に関わる為、不足すると糖質がうまくエネルギーにならない為に、イライラやストレスを感じたり、食欲不振、疲れやすくなったりします。

さらに脚気になってしまい、心臓の機能が低下して足がむくんでしまったり、神経に障害が起きて足がしびれたりします。

 

ビタミンB1がしっかり摂れる食材!

 

・ボンレスハム

・ウナギ

・豚肉

・たらこ

・玄米

 

など。

 

ビタミンB2

 

ビタミンB2は発育のビタミンと呼ばれ、全身の細胞の再生と成長を促進する働きがあります。

 

爪や髪の毛が伸びるのもそうで、子供が大人へ成長していくのも、ビタミンB2のお陰なのです。

 

それから、ビタミンB2には三大栄養素である糖質、タンパク質、脂質の代謝を促してエネルギーにかえる働きがあります。

 

なかでも脂質の代謝に不可欠といわれています。

 

太るのを防ぐには脂肪を体に溜め込まないことです。

ビタミンB2はその脂肪を燃焼させてくれるのです。

 

もちろん、ダイエット効果だけではなく、酵素と一緒に働く事で動脈硬化など過酸化脂質の増加が原因で起こる生活習慣病にも効果があると考えられています。

 

ビタミンB2をしっかり摂れる食材!

 

・低脂肪牛乳

・納豆

・牛ヒレステーキ肉

・マガレイ

・ウナギ

・豚レバー

 

など。

 

健康に向けて…

 

毎日健康に過ごす為に必要な事、それは全て完璧にやろうと思わない事です。

 

例えば、野菜、タンパク質、炭水化物の順番で食べるなど、ほんの少しでもいいので

継続して行動を起こしていく事が大事です。

 

全て完璧にしようとして逆にストレスが溜まり、止めてしまっては意味がありません。

 

少しずつ、着実に継続していきましょう!

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

もっと野菜について知ろう! その1

  アスパラガス スポンサーリンク   原産国:南ヨーロッパからウクライナ   分類:キジカクシ科   ・ヨーロッパでは紀元前から栽培され、日本では大正時代から食用として多く栽培されるように …

no image

ミネラルを知ろう!その3

  銅 スポンサーリンク 銅の主な働きは、鉄が赤血球のヘモグロビンの材料になるためのサポート役です。 銅がタンパク質と結びつくと、タンパク質は鉄を体の隅々に運ぶ事ができるようになります。 ま …

no image

史上最強!?酢たまねぎとは?

玉ねぎを使った料理で最も簡単な方法をお伝えします。 スポンサーリンク   それは、酢玉ねぎです。   酢玉ねぎは、免疫力を高め老化を防ぎ、耳鳴り、白内障、糖尿病、高血圧、物忘れ、動 …

no image

身体の仕組み その4

  循環器・血液系 スポンサーリンク 循環器系とは、体の各所に酸素と栄養を供給し、各所に生じた老廃物を肺と腎臓に運ぶための器官系のことを指します。 循環器系は血管系とリンパ系にわける事ができ …

no image

身体の仕組み その3

  肝臓 スポンサーリンク 肝臓は化学工場と呼ばれるとともに、人体最大の臓器でもあります。 腹腔内で肋骨の下に存在しており、大量の血液を含んでいるので体の中で最も高温で暗紫色をしています。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索