最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

ミネラルを知ろう!その1

投稿日:

 

ミネラル

スポンサーリンク

この地球上にある元素のうち4元素を除いたものをミネラルといいます。

 

三大栄養素、ビタミンと並んで五大栄養素の一つに数えられています。

 

ミネラルは直訳すると、鉱物です。

アクセサリーなどに使用される天然に生成された無機物質です。

 

しかし、栄養素のミネラルとは少し違います。

 

人の体に存在する元素は約60種類と言われていますが、量が最も多いのが酸素、次いで尿素、水素、窒素の順となり、4元素で96%を占めていて残りの4%がミネラルとなります。

 

そのうち、栄養素として欠かせないことが判明しているミネラルとして現在16種類が存在しています。

 

さらにその中で一日の必要量が100mg以上のものを「主要ミネラル」、100mg未満のものを「微量ミネラル」と呼んでいます。

 

ミネラルの働きはそれぞれ異なりますが、カルシウム、リン、マグネシウムなどは、骨や歯などの硬組織をつくります。

 

また、ヘモグロビンの鉄、リン脂質のリン、含硫アミノ酸の硫黄はタンパク質や脂質などと結合し、体成分となっています。

 

他にも浸透圧の調整、筋肉収縮や神経伝達、酵素の補酵素や生理活性物質の成分として代謝調整に関わっています。

 

体液や組織液のミネラルはいつも一定の濃度で保たれていますが、食事から摂取するミネラルの過不足が長く続くと、この恒常性が保てなくなり、各ミネラル特有の欠乏症や過剰症が現れてしまいます。

 

カルシウム

 

カルシウムは人の体内で最も多いミネラルで、体重の1.5~2%を占めると言われています。

 

99%は骨と歯などのかたい組織に存在していて、残り1%は血液中や筋肉、神経に存在しています。

 

骨や歯の構成成分になっているカルシウムを「貯蔵カルシウム」、血液などに存在するカルシウムを「機能カルシウム」と呼んでいます。

 

カルシウムは、骨や歯の材料となるだけではなく、

心臓やすべての筋肉が正常に収縮するのを保つ働きをしています。

 

血管の壁を強くしたり、血圧を下げたり、酵素の活性化にも役立っています。

 

体の色々な場所で役に立っているので必要なところにすぐに届けられるように血液の中に含まれ全身を巡っています。

 

その為、血中には常にほぼ一定のカルシウム量が維持されています。

 

その量が不足すると、骨から溶け出して、足りなくなった分を補います。

 

カルシウム不足に注意!

 

カルシウムは骨と歯に深く関わるので、不足すると虫歯になりやすくなります。

 

また、血中のカルシウム量が少なくなると骨から溶け出して補う事になるので、骨が弱って折れやすくなってしまいます。

 

さらにカルシウム不足が続くと骨から溶け出すカルシウムの量が増えすぎて、余分なカルシウムが血管にくっつくようになり、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を引き起こしてしまいます。

 

カルシウムをしっかり摂れる食材!

 

・牛乳

・真イワシ

・生揚げ

・チーズ

・干しエビ

 

など。

 

マグネシウム

人間の体の中にあるマグネシウムの約3分の2は骨に存在して、カルシウムやリンと一緒に骨の構成部分になっています。

 

量にすると成人の体内で約19g。

残りの3分の1のほとんどは、筋肉などの細胞のなかにあり、約300種類の酵素の働きを助けています。

 

そしてエネルギーづくりや筋肉を動かしたり、体温調整、神経伝達、ホルモン分泌などの働きに関わっています。

 

マグネシウムが不足すると…

 

マグネシウムが不足すると、筋肉痛になったり、心筋梗塞など心臓の病気になってしまう事があります。

 

そして、重要なポイントはカルシウムとマグネシウムのベストなバランスは「2対1」です。

 

両方をバランスよく摂取する事がとても重要です。

 

マグネシウムをしっかり摂れる食材!

 

・ホウレン草

・キンメダイ

・ヒジキ

・木綿豆腐

 

など。

 

栄養バランスに気を付けてしっかり摂りましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

身体の仕組み その4

  循環器・血液系 スポンサーリンク 循環器系とは、体の各所に酸素と栄養を供給し、各所に生じた老廃物を肺と腎臓に運ぶための器官系のことを指します。 循環器系は血管系とリンパ系にわける事ができ …

no image

玉ねぎは調理法によって栄養が変わる!?

    スポンサーリンク   【玉ねぎの不思議なパワー:ボケ防止】 ボケや物忘れに効果的な玉ねぎの食べ方はとても簡単です。 まず玉ねぎの皮をむき、食べやすいサイズにカット …

no image

玉ねぎの歴史

玉ねぎ スポンサーリンク 健康に良いと言われている玉ねぎ。 今ではとてもお馴染みです。       でも、、そもそも玉ねぎの起源、歴史って?   【玉ねぎの歴史 …

no image

奇跡の玉ねぎパワー!

スポンサーリンク   【玉ねぎの奇跡!脳卒中や心臓病を招く血栓ができるのを防ぐ】   玉ねぎは最新の研究結果で血圧を下げる効果がある事がわかってきました。 遺伝的に高血圧になりやす …

no image

脂質について知ろう!

最も大きなエネルギー源 脂質 スポンサーリンク   脂質と聞いてあなたはどのように感じますか? 何だか体にとって悪くて、太るイメージなどあるかも知れませんね。   もちろん、たくさん摂り過ぎ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索