最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

ミネラルを知ろう!その2

投稿日:

スポンサーリンク

 鉄は赤血球をつくるミネラルです。

血液細胞である赤血球の主成分はヘモグロビン。

鉄はそのヘモグロビンの材料になります。

つまり、鉄は血液の成分です。

ヘモグロビンは血液の赤い色の元ですが、体内の鉄の65%はそのヘモグロビンと結合して、肺から取り込んだ酸素を全身の細胞に運んでいます。

酸素は体の中でエネルギーを作るために必要なものなので、鉄がないと困ります。

この鉄を「機能鉄」と呼びます。

そして、残りの約30%は「貯蔵鉄」として肝臓、骨髄、脾臓で貯蔵されていて、出血などで鉄が失われたときに血中に放出されて機能鉄として働きます。

鉄が不足すると、全身に酸素が行き届かなくなってしまい、鉄欠乏性貧血を起こして、めまいや立ちくらみなどが起きるので注意が必要です。

 

鉄がしっかり摂れる食材!

・豚レバー

・小松菜

・レンズ豆

・牛ヒレステーキ

など。

 

ナトリウム、塩素

 

これは、最も身近なミネラルです。

皆様も様々な料理の時に使用している塩です。

この塩を日本で使うようになったのは縄文時代末期と言われています。

 

塩分を摂り過ぎてしまうと…

 

塩分を摂り過ぎてしまうと、血液など体液の濃度が濃くなって、一定の濃さを保つ為に、体が水分を欲します。

 

そうすると、体液の量が増えて血圧が高くなり、さらに体液を量として排泄する機能を持つ腎臓にも負担がかかります。

 

結果としてむくみ、高血圧、腎臓病、心臓病を引き起こす事になります。

 

カリウム

 

カリウムは、体内の余分な水分を排泄してくれる働きがあります。

水分を増やすナトリウムとは逆の性質を持っています。

 

人間の細胞には細胞内に入ってきたナトリウムを汲み出し、カリウムを取り込む事によってバランスを保つ機能があります。

 

これを「ナトリウム・カリウムポンプ」といって、体内の水分量を一定に保ったり、それによって血圧を調整したりしています。

 

カリウムをしっかり摂れる食材!

 

・バナナ

・たけのこ

・里芋

・ホウレン草

など。

 

リン

リンは骨や歯の材料となり、丈夫な体の為に働いています。

 

成人の体内には約780g含まれていて、その約85%は骨や歯の構成成分としてカルシウムとともに存在しています。

 

体内のリンの量は尿への排泄によってバランスをとっています。

 

リンは様々な食べ物に広く含まれているので、足りなくなる事は考えにくいですが、

不足すると血液のなかの量が少なくなって神経の病気になる可能性があります。

 

そして、何より心配なのが、過剰摂取です。

 

インスタント食品や清涼飲料水に多く使われているので、摂り過ぎてしまう事があります。

 

そうすると…カルシウムや鉄の吸収が悪くなって骨粗鬆症になったり、腎臓病になったりします。

 

偏らず、バランスがとても重要です。

 

リンをしっかり摂れる食材!

 

・牛レバー

・真イワシ

・キンメダイ

・スルメ

 

など。

 

亜鉛

 

亜鉛は95%以上細胞内にあり、100種類以上の亜鉛含有酵素として働いています。

 

成人の体内には約2.3g含まれています。

 

新しい細胞を作る為に必要な酵素の成分で、新陳代謝を活発にしたり、エネルギーを作り出したり、ウイルスから身体を守っています。

 

また、男性ホルモンや女性ホルモンが活発に働くのも亜鉛の仕事です。

 

亜鉛をしっかり摂れる食材!

 

・牛ひき肉

・カキ

・豚レバー

 

など。

 

硫黄

 

硫黄の大部分は食品からタンパク質として摂取されます。

 

硫黄は体内で単独で存在する事はなく、メチオニンやシステインなど含硫アミノ酸の成分として吸収されます。

 

また、硫黄には解毒作用があり、有害ミネラルの蓄積を防ぐのでニキビや水虫などにも効果が期待されています。

 

 

硫黄がしっかり摂れる食材!

 

・鶏卵

・肉類、魚介類

・牛乳、小麦

 

などで、肉類を食べる時は、ホウレン草、ブロッコリー、タマネギなど野菜類を組み合わせる事で効率良く摂る事が出来ます。

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ミネラルを知ろう!その3

  銅 スポンサーリンク 銅の主な働きは、鉄が赤血球のヘモグロビンの材料になるためのサポート役です。 銅がタンパク質と結びつくと、タンパク質は鉄を体の隅々に運ぶ事ができるようになります。 ま …

no image

玉ねぎの不思議

【玉ねぎは育毛作用もある?!】 スポンサーリンク     玉ねぎには血液をサラサラにする効果があり、 全身の血液循環を改善する効果があります。   全身の血流がよくなれば …

no image

自律神経をもっと知ろう

  自律神経と腸内環境  スポンサーリンク 腸内環境が良くなる事で自律神経の働きが良くなり、 結果として健康になります。   しかし、腸内環境?自律神経?とクエスチョンマークがある …

no image

てるみくらぶ倒産

てるみくらぶ スポンサーリンク   格安ツアーで有名だった「てるみくらぶ」 倒産会見を行いましたよね。   この会社は3年前から粉飾決算をしていた事が判明。   現在、旅 …

no image

栄養豊富な魚について知ろう! その1

  栄養豊富な魚について知ろう! スポンサーリンク   カツオ    生態 カツオは20~30度の暖かい水温を好み、 また塩分の薄い海水を嫌います。 初春の頃、フィリピン …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索