最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

ミネラルを知ろう!その3

投稿日:

 

スポンサーリンク

銅の主な働きは、鉄が赤血球のヘモグロビンの材料になるためのサポート役です。

銅がタンパク質と結びつくと、タンパク質は鉄を体の隅々に運ぶ事ができるようになります。

また、銅は生活習慣病の原因となる活性酸素を抑える抗酸化酵素の補酵素としても働いています。

 

銅をしっかり摂れる食材!

 

・ホタルイカ

・イイダコ

・シャコ

・牛レバー

 

など。

 

ヨウ素

 

ヨウ素は甲状腺ホルモンの材料です。

ヨウ素が材料となっている甲状腺ホルモンは全身の細胞の新陳代謝を促進しています。

美しいサラサラヘアをキープしたり、成長期の子供の発育、エネルギーづくり、体温の調節、脳や心臓、腎臓の働きの活性化をサポートしています。

 

また、ヨウ素を摂り過ぎると、甲状腺にトラブルを生じる可能性があるので、注意が必要です。

 

ヨウ素をしっかり摂れる食材!

 

・シシャモ

・マダラ

・マコンブ

など。

 

セレン

 

セレンとは細胞の老化を予防する働きを持っていて、

老化の原因となる過酸化酵素を取り除く、グルタチオンペルオキシダーゼという酵素の構成成分になります。

 

セレンはイオウ、ヒ素、カドミウム、水銀などと拮抗作用を示し、毒素から若々しい体を守る力もあります。

 

近年は免疫機能の強化や、感染症、ガンを防ぐ効果が期待できると注目されています。

 

セレンがしっかり摂れる食材!

 

・パスタ

・クロマグロ赤身

・マガレイ

 

など。

 

マンガン

 

マンガンは肝臓、膵臓、腎臓、髪の毛など体内の組織や臓器に広く存在し、とくに骨に多く含まれるミネラルの1種です。

 

成人の体内には約12mg含まれています。

 

マンガンは発育期の骨の成長を支え、タンパク質やDNAの合成に関わる酵素の補酵素として成長や生殖に関わっているので、愛情ミネラルと呼ばれています。

 

三大栄養素をエネルギーに変える働きや体の様々な代謝をサポートしています。

 

マンガンがしっかり摂れる食材!

 

・アマランサス

・栗 など。

 

モリブデン

 

モリブデンは成人の体内に約9.3g含まれているミネラルの一つです。

特に腎臓、副腎、肝臓に多く含まれています。

主な機能は体の古い細胞やエネルギーの燃えカスを捨てるのをヘルプしています。

 

肝臓でそれらを尿酸にして腎臓から尿として排泄しています。

 

他には、脂質や糖質の代謝を促進してエネルギーになるのを助けたり、鉄を利用しやすくして貧血を予防したりしています。

 

モリブデンをしっかり摂れる食材!

 

・納豆

・豆腐

・ナッツ

・魚類

・牛乳

 

など。

 

クロム

 

微量ミネラルのクロムは体内に吸収された後、血液のなかでトランスフェリンという糖タンパク質と結合して運ばれ、肝臓、腎臓、脾臓、骨に集まります。

 

クロムは糖質が増えすぎて血糖値が上がったときに必要なインスリンの力を強くする為、働いています。

 

クロムが不足すると、糖質と脂質の代謝がうまくいかなくなって糖尿病、脂質異常症、動脈硬化などの病気にかかりやすくなります。

 

クロムをしっかり摂れる食材!

・ヒジキ

・ゆでソバ

・きざみコンブ

・ジャガイモ

・ミルクチョコレート

 

など。

 

コバルト

 

コバルトは1935年頃にビタミンB12の構成成分として発見されたミネラルです。

 

ミネラルとしてのコバルトは成人の体内に約1.5mg含まれていて、骨髄での造血機能に関わり、赤血球を作るのに関係があります。

 

理由としては、腸内細菌によってビタミンB12に変身するからです。

 

コバルトは摂り過ぎると、不眠、疲労感、不足すると集中力低下などを引き起こす事がありますので注意しましょう!

 

コバルトがしっかり摂れる食材!

 

・アサリ

・カキ

・ハマグリ

・納豆

・モヤシ

 

など。

 

健康を維持する為には?

 

人間の体は約7割水です。

 

ですので、実は喉が渇いてから水を飲んでは遅いのです。

 

真の健康を目指す為に必要な事、それは、喉が渇く前に常温の水を飲むという事です。

 

それにより体全体の循環が良くなり、健康を維持する事が出来ます。

 

 

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

身体の仕組み その10

  自律神経 スポンサーリンク  自律神経の支配範囲は主に内臓や脈管ですが、汗腺、脂腺、立毛筋も自律神経系に支配されています。 この自律神経は交感神経と副交感神経とに分類され同じ終末器官に並 …

no image

ミネラルを知ろう!その1

  ミネラル スポンサーリンク この地球上にある元素のうち4元素を除いたものをミネラルといいます。   三大栄養素、ビタミンと並んで五大栄養素の一つに数えられています。 &nbsp …

no image

自律神経をもっと知ろう

  自律神経と腸内環境  スポンサーリンク 腸内環境が良くなる事で自律神経の働きが良くなり、 結果として健康になります。   しかし、腸内環境?自律神経?とクエスチョンマークがある …

no image

玉ねぎの歴史

玉ねぎ スポンサーリンク 健康に良いと言われている玉ねぎ。 今ではとてもお馴染みです。       でも、、そもそも玉ねぎの起源、歴史って?   【玉ねぎの歴史 …

no image

脂質について知ろう!

最も大きなエネルギー源 脂質 スポンサーリンク   脂質と聞いてあなたはどのように感じますか? 何だか体にとって悪くて、太るイメージなどあるかも知れませんね。   もちろん、たくさん摂り過ぎ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索