最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

身体の仕組み その4

投稿日:

 

循環器・血液系

スポンサーリンク

循環器系とは、体の各所に酸素と栄養を供給し、各所に生じた老廃物を肺と腎臓に運ぶための器官系のことを指します。

循環器系は血管系とリンパ系にわける事ができ、血管系は心臓、動脈、静脈、毛細管からなり、血液の流れ方によって体循環と肺循環の2つの系統にわけることができます。

その血管系の中心が心臓で血液を体全体に行き渡らせるポンプのような役目を果たしています。

 

心臓の構造

 心臓は体の中心よりやや左側に位置していて心筋という筋肉から出来ています。

内部は右、左の4室からできていて、心室の間は心室中隔と言われています。

 

また、心房の間は心房中隔とよばれる縦の隔壁によって区切られています。

 

そして、心房と心室の間はそれぞれ右房室口と左房室口によって連絡されています。

 

また、心臓は交感神経と、副交感神経の支配によって一定のリズムを刻みながら運動しています。

 

交感神経は運動を促進し、車でいうとアクセル、副交感神経は運動を抑制し車でいうところのブレーキです。

 

血液に関しては収縮時に動脈に血液が押し出され、弛緩時に静脈から血液を吸い上げています。

 

心臓の働き

 

全身を巡って戻ってきた血液は、大静脈⇒右心房⇒右心室⇒肺動脈⇒肺⇒肺静脈⇒左心房⇒左心室⇒大動脈の順に流れていきます。

 

その際に血液が逆流しないように心臓には右房室弁、肺動脈弁、左房室弁、大動脈弁という弁がそれぞれついています。

 

血管の仕組み

 

静脈は内膜、中膜、外膜の3層から構成されています。

血液をただ運ぶだけの血管であって、圧力をほとんど受けない為、動脈より薄く筋組織や弾性繊維も少ないのが特徴です。

 

また、手足に存在するような大きな静脈は血液の逆流を防ぐ為に半月様の弁がついています。

 

動脈は円形の断面をしていて、内膜、中膜、外膜からの3層から構成されている厚い血管です。

 

毛細血管は細く細かい血管で、体のあらゆる場所に存在します。

 

壁は1層の皮の内皮細胞とそれを取り巻く周皮細胞で構成されており、毛細血管の壁を通して栄養素と老廃物、酸素と二酸化炭素の交換が行われます。

 

動脈と静脈は血液を通すだけですが、毛細血管を通して初めてガス交換が行われます。

 

血液循環

 血液は心臓の左心室を出発して、大動脈⇒動脈⇒小動脈⇒毛細血管の順で器官や筋肉をはじめとした全てに栄養や酸素を運んでいます。

 

これを体循環といいます。

 

全身を巡って酸素を放出する代わりに二酸化炭素を含んだ血液は心臓に戻った後、右心房、右心室、肺動脈を経由します。

 

そして肺に至った血液はガス交換を行います。

 

これを肺循環といいます。

 

リンパ系

 人体にはリンパ管という細い管が張り巡らされています。

リンパ管は細く無色透明でその中にはリンパ液という透明でやや粘性の液体が流れています。

リンパ管は合流しながら、太くなっていきリンパ節を経てリンパ本幹となり大静脈に注ぎます。

リンパ管のいたるところにリンパ節という結節があり、その中で白血球の一種のリンパ球を作っています。

 

リンパ球は外界からの微生物などが侵入した場合にそれを識別して抗体を作り、体の防衛を担っています。

 

また、リンパ系とは、リンパ管、リンパ節、脾臓を指しますが、広義的には扁桃、リンパ小節、胸腺をも含みます。

 

血液系

 

血液は赤血球、白血球、血小板などの有形成分と、血漿という液体成分から構成されています。

そして、赤血球と白血球の2つの血球があります。

 

有形成分とは、酸素や二酸化炭素を運ぶ赤血球と体内に侵入してきた異物を殺す役割を司る白血球、血液を凝固させる血小板などがあります。

 

液体成分の血漿は、90%が水分で少量のタンパク質、ブドウ糖、塩分、カルシウム、カリウム、リン、ホルモンなども溶け込んでいます。

 

 

 

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ビタミンについて知ろう!その1

ビタミンとは? スポンサーリンク       ビタミンとは、タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラルと並ぶ、 五大栄養素の一つ。   ただし、他の栄養素と違ってエネルギーや体 …

no image

ビタミンについて知ろう!その2

ビタミンE スポンサーリンク  ビタミンEは若返りビタミンと言われています。 そもそも老化の原因は活性酸素です。   活性酸素とは文字通り活発な酸素、つまり酸化させる力がとても強い物質になり …

no image

ビタミンについて知ろう!その3

ナイアシン スポンサーリンク ナイアシンはビタミンB3ともいわれ、お酒好きには特に必要不可欠です。 何故なら、お酒に含まれているアルコールを分解するのが仕事だからです。   ほかにも、三大栄 …

no image

我々は仮想現実を生きています

この世界の仕組み 知りたくありませんか? スポンサーリンク     あなたは真理の追究をした事はありますか?   哲学、化学、宗教、医学、形而上学、心理学、現象学などなど …

no image

身体の仕組み その5

  呼吸器系 スポンサーリンク 人は、酸素を体内に入れることによって生命活動の維持を支えています。 食物栄養素からエネルギーを獲得するのに酸素が不可欠です。 酸素を取り入れると体内では化学エ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索