最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

音楽の力は素晴らしい!

投稿日:

 

音楽をもっと知ろう!

スポンサーリンク

 

不安な時

 我々は日々生活する中で不安になる事がありますよね。

健康に対する不安、経済的な不安、子供の教育等。

そんな時にも音楽はあなたの力になってくれますよ。

不安な時はあまり深刻ではない曲で、軽く明るく、明快なメロディでリズミカルな曲が良いとされています。

 

不安を抑える曲例

・グリーク:ペールギュント組曲

・バッハ:無伴奏チェロ組曲

・ヨハン・シュトラウス他:ウインナワルツ

・ハイドン:交響曲 第94番 ト長調 「驚愕」

・ベートーベン:交響曲 第8番 ヘ長調

・ボロディン:交響曲 第2番 ロ短調

・ムソルグスキー:展覧会の絵

・ラヴェル:ボレロ

・チャイコフスキー 交響曲 第6番 ロ短調 「悲愴」

・デュカス:交響的スケルツォ 「魔法使いの弟子」

 

 朝は一日の始まりなので、積極的に力が湧いてくる雰囲気づくりが重要となります。

特にクラシックがオススメです。

朝にとても良いスタートを切る事が出来ればその日の仕事や勉強のパフォーマンスが上がります。

 

朝に適した曲例

 

・バッハ:前奏曲とフーガ 第1番 ハ長調 BWV 846

・ヘンデル:ハープ協奏曲 変ロ長調

・シューベルト:楽興の時 第3番 へ短調

・ブラームス:ワルツ 15番

・ドビュッシー 二つのアラベスク 第1番

 

自由な時間

 

仕事から帰宅して自宅でリラックスする時は、

自分が楽しみながら聴ける曲を選択しましょう。

 

自分のその時の気分を重要視し、自然にチョイスする事が重要です。

 

いくつか、参考の曲も記載しておきますので、

宜しければ聴いてみて下さいね。

 

自由な時間に適した曲例

 

・ハイドン:交響曲 第101番 ニ長調 「時計」

・モーツァルト:歌劇「魔笛」

・ベートーベン:交響曲 第6番 「田園」 第1楽章

・シューマン:子供の情景

・ショパン:ワルツ 第6番 「子犬のワルツ」

・ヨハン・シュトラウス:美しく青きドナウ

・チャイコフスキー:くるみ割り人形

・ドビュッシー:こどもの領分

・シューベルト:冬の旅より「善提樹」

 

就寝

就寝時は高ぶっている気持ちを落ち着かせる音楽をオススメします。

最近ではリラクゼーションの音楽もたくさんありますので、

それを聴いてみるのも良いでしょう

 

就寝時に適した曲例

 

・バッハ:主よ、人の望みの喜びよ

・フォーレ:レクイエムより 第4番 「ああイエスよ」

・ドビュッシー:月の光

・サティ:グノシェンヌ 第4番

・タレガ:アルハンブラの思い出

 

カラオケに積極的に行こう

 

カラオケに行って思いっきり歌う事で日頃のストレス発散が出来る事はもちろんの事、

自己表現を豊かにする事も出来ると言われています。

 

なかなか自分の意見を口に出せない人でも、カラオケを通すとそのハードルが下がるという事があります。

そして、自己表現する事は、自我を保ったり、心のバランスを安定させるといった効果があります。

また、上手になりたい、新しい歌を覚えたいという気持ちを刺激する効果もあり、意欲や向上心に繋がります。

 

また、歌詞を聴くだけでは無く自分自身で口に出して歌う事でその言葉が自分に刺さり、

自分を励ます事に繋がります。

 

歌詞の中には普段自分が口にする事の無い言葉などがたくさんありますので、

その言葉を積極的に発する事で自分自身のパワーになっていくのです。

 

音楽で実験をしてみたところ、、、、

 

皮膚末端温度と筋緊張度の測定をした所、どんな音楽でも本人が聴きたいと思う音楽を聴くと身体の緊張がほぐれ、体表面の毛細血管が拡張し、皮膚温度が上がり、筋肉の緊張が低下したとの事です。

 

好きな音楽には鎮静作用があるといえますね。

 

自分の人生を豊かにするために

 

日本人は特にストイックな方が多く、真面目で勤勉な方が目立ちます。

しかし、時にはいつもやっていないような事にチャレンジしたりする事が重要です。

思い切ってライブにいってみるのも良いですね。

そういった事を行う事で違うインプットが行われ、日々の仕事にも活かされていくのです。

 

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

玉ねぎの歴史

玉ねぎ スポンサーリンク 健康に良いと言われている玉ねぎ。 今ではとてもお馴染みです。       でも、、そもそも玉ねぎの起源、歴史って?   【玉ねぎの歴史 …

no image

栄養は奥深い!

  ポリフェノール スポンサーリンク  ポリフェノールは機能性成分の一つで、多くの植物に存在する色素や苦み、渋みの成分となる化合物の総称です。 種類は5000種類以上あると言われています。 …

no image

身体の仕組み その2

  消化器系 スポンサーリンク  エネルギー源となる物質を得るために人は食事をします。   その食事の際に体の中に取り入れた物質を分解する事を消化、分解された栄養素を取り入れること …

no image

ミネラルを知ろう!その2

鉄 スポンサーリンク  鉄は赤血球をつくるミネラルです。 血液細胞である赤血球の主成分はヘモグロビン。 鉄はそのヘモグロビンの材料になります。 つまり、鉄は血液の成分です。 ヘモグロビンは血液の赤い色 …

no image

腸内環境の重要性を知ろう!

  腸内環境はとても重要 スポンサーリンク  腸内環境が整うと、自律神経が整います。 最大の理由は、腸内における栄養吸収がよくなり、 その結果、血液の状態が良くなるからです。   …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索