最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

腸内環境の重要性を知ろう!

投稿日:

 

腸内環境はとても重要

スポンサーリンク

 腸内環境が整うと、自律神経が整います。

最大の理由は、腸内における栄養吸収がよくなり、

その結果、血液の状態が良くなるからです。

 

人間の身体において大切なものはやはり栄養の吸収です。

 

そして、栄養の吸収には腸内細菌が必要不可欠なので、

そのバランスが悪いと栄養の吸収が悪くなります。

 

栄養の吸収が悪ければ、ものを食べていても身体は

低栄養状態になってしまいます。

 

この時、身体の細胞は栄養が足りていませんが、

腸の中には吸収出来なかった栄養分が残り、

その残った栄養分が腐敗していきます。

 

腐敗した栄養は毒素を出し、その毒素が腸内細菌のバランスを

悪化させるとともに、血液を汚し、

血液が汚れると肝臓や心臓、腎臓などの臓器を傷つけ、

それらの臓器をコントロールしている自律神経のバランスをも崩していきます。

 

自律神経のバランスが崩れると全身の血流が悪くなり、

負のスパイラルに突入してしまいます。

 

ですので、腸内細菌のバランスをよくする乳酸菌を意識的に多く摂取し、

善玉菌を増やすと、血液がきれいになり、自律神経のバランスも整います。

 

こうして自律神経のバランスがよくなり、血流が改善され、

末梢まできちんときれいな血液が流れる様になると、

腸管での栄養吸収がよくなるので、肝臓や心臓、腎臓などの

臓器の状態も良くなっていきます。

 

まさに正のスパイラルです。

 

免疫の特訓

 

免疫細胞は自らの力を高める為に、トレーニングをしています。

そのトレーニングの相手は腸内細菌です。

腸内細菌を増やす事でトレーニング相手が増えて

あらゆる戦いに備える事が出来るのです。

 

腸内細菌を増やす方法

 

  • 乳酸菌飲料やヨーグルトを摂取する。

 

  • 漬物、キムチなど発酵食品を食べる

 

  • オリゴ糖、食物繊維を摂取する

 

 

腸内環境と脳

 

腸内環境と脳とは密接な関係があり、腸内環境が悪いと、

不安感やうつ症状が出てくると言われています。

 

腸内環境を良くしていく事で不安感などが消えていく、

身体全体の繋がりを知るととても不思議ですね。

 

まとめ

 

前回と合わせて自律神経、腸内環境についてお話ししてきました。

最後に少しまとめていきたいと思います。

 

腸内環境が整う事で、栄養吸収が良くなる⇒血液が綺麗になる⇒臓器に綺麗な血液が流れる⇒自律神経のバランスが整う⇒全身に質の良い血液がドンドン流れる。

 

且つ、腸内環境が整う事で免疫がトレーニング出来て、免疫力もUPしますし、

脳との関連が深いので不安感、うつ症状改善などにも効果があります。

 

まとめ2

 

健康維持をしていく為に、オススメな方法があります。

 

それは、自分の中である程度、スケジュールを組んでみるといいです。

 

ポイントはもちろんストレスにならない程度に!が基本となりますが、

 

  • 朝、太陽の光を浴びる
  • 朝、コップ一杯の水を飲む
  • 深呼吸をする
  • 首を温める
  • 夕食後の軽いウォーキング
  • 好きな事をやる時間を持つ
  • 瞑想をする

 

など、ストレスにならないように自分の中でルーティンを決めると良いでしょう。

 

ここで注意点はあくまでストレスにならない程度にですので、

あまり詰め込まない事です。

 

時々、たくさん詰め込んでしまってそれがかえってストレスになり、自分は何も達成出来ないと自信を無くしてしまい、全部やらなくなってしまうといった悪循環になってしまう方がいますのでその点は注意して下さい。

 

先ず、自分自身が出来る所から始め、

小さくても目標を達成する楽しみを得て下さい。

 

そして、色々と出来る様になったら、少しずつ増やしていって下さいね。

 

先ず一歩踏み出す事が必要です。

その一歩目があるからこそ、目的地に到達する事が出来ます。

 

ぜひこの部分を忘れずに日々の健康や人生に活かして頂ければと思います。

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ビタミンについて知ろう!その1

ビタミンとは? スポンサーリンク       ビタミンとは、タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラルと並ぶ、 五大栄養素の一つ。   ただし、他の栄養素と違ってエネルギーや体 …

no image

身体の仕組み その4

  循環器・血液系 スポンサーリンク 循環器系とは、体の各所に酸素と栄養を供給し、各所に生じた老廃物を肺と腎臓に運ぶための器官系のことを指します。 循環器系は血管系とリンパ系にわける事ができ …

no image

生きる意味

生きる上でとても大切な事 スポンサーリンク   この世界にはいつからか知らぬ間に 基準が存在しています。   もちろん、国や文化によって違いますが。   日本であればどう …

no image

身体の仕組み その2

  消化器系 スポンサーリンク  エネルギー源となる物質を得るために人は食事をします。   その食事の際に体の中に取り入れた物質を分解する事を消化、分解された栄養素を取り入れること …

no image

身体の仕組み その10

  自律神経 スポンサーリンク  自律神経の支配範囲は主に内臓や脈管ですが、汗腺、脂腺、立毛筋も自律神経系に支配されています。 この自律神経は交感神経と副交感神経とに分類され同じ終末器官に並 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索