最新!情報大辞典

トレンド情報満載!

未分類

生きる意味

投稿日:

生きる上でとても大切な事

スポンサーリンク

 

この世界にはいつからか知らぬ間に

基準が存在しています。

 

もちろん、国や文化によって違いますが。

 

日本であればどうでしょうか?

 

小、中、高、そして大学を卒業して、

就職し結婚をしてマイホームをゲット、

子育てをして老後を迎えて死を迎える。

 

この社会的理想という基準、ものさしがありますよね。

 

これから外れた生き方は、

何か駄目みたい風潮がありますよね?

 

高度成長期であれば、上記の様に良い大学を出て、

良い会社に就職して、年功序列で毎年給料が上がり、

退職金が必ずもらえて。

 

でも、現状、そのような経済状況にはなっていませんよね。

 

しかし、過去のような基準が理想とされています。

 

ここに無理が生じますね。

 

昔の経済と今の経済状況が違うのに、

昔から良しとされてきた社会的な理想のものさしで

我々の人生の歩むべき道を決める事は非常に難しいです。

 

ここで私は提案したいと思います。

 

そもそも、このものさしって誰が決めたのか?

 

それ以外の生き方があっては駄目なのか?

 

生き方ってそもそも、その人の納得感だと思うのです。

 

死ぬ瞬間に、「あ~後悔はない!好きな事もたくさんやったし!」って

納得して死ねるならGoodだと思うのですね。

 

誰かと比較したりする必要はなくて死を迎える時に

自分の人生に納得感があるのかどうかだけだと思います。

 

あなたが他人と比較して社会が良しとしている理想や

ものさしと違う人生を歩んでいても気にする事はありません。

 

自分の人生ですからね。

 

社会的な理想に生きて、周りから褒められても

人生を終える時に「あ~我慢して終わった人生だった。つまらなかった。」

これではどうでしょうか?

 

あなたは自分の人生に納得感はありますか?

 

今日人生を終えるとしても、「後悔はない」と言えますか?

 

もし、1か月後に死ぬとしたら、今、あなたは何をしたいですか?

 

書き出してみて下さい。

 

それがあなたの本当にやりたい事です。

 

90歳の老人であっても死ぬときに「もっと冒険しておけばよかった」と

死を迎える時に言うのですよ。

 

人生の先輩がそのように話されるのです。

 

私たちにもいずれは死が訪れます。

 

その時に、後悔はないと言い切れるか?

 

それは非常に重要なポイントです。

 

 

ですので、ぜひ、あなたも死ぬまでにやってみたい事を

今日から書き出してみる事をオススメします。

 

私はこれを実践して、紙に書いたものは達成してきました。

やはり、書く事はとても重要ですよ。

 

追伸

 

絶対に他人とは比較などしないで下さい。

そもそも、あなたと他人は違う人間で、

違う価値観の持ち主なのです。

 

それぞれがユニークな価値観の持ち主なのです。

そこは絶対に忘れないで下さいね。

 

あなたの人生です。

 

あなた人生を生きましょう!

 

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自分の価値観を明確にしよう!

  価値観を知る スポンサーリンク  人は自分自身の価値観を生きる事で真の健康を手に入れ、そして夢や目標を叶える事が出来ます。 自分の価値観を知るには先ず、いくつかの質問を自分自身に投げかけ …

no image

健康になる為に、栄養を知ろう!

日々、健康でワクワク生活していく為には、 スポンサーリンク やはり日々の食生活がとても重要となりますよね。 健康大辞典では、きちんと栄養についての情報もあなたと共有し、 あなたが健康で元気に毎日を送れ …

no image

栄養は奥深い!

  ポリフェノール スポンサーリンク  ポリフェノールは機能性成分の一つで、多くの植物に存在する色素や苦み、渋みの成分となる化合物の総称です。 種類は5000種類以上あると言われています。 …

no image

身体の仕組み その9

  セロトニン スポンサーリンク セロトニンは行動には抑制的に働くが、気分は興奮させる方向に働きます。 脳のどの部分でセロトニンが不足しているかによっても異なる病気としてあらわれます。 体温 …

no image

多くの人が悩まされている 腰痛について

  腰痛 最新情報 スポンサーリンク   腰痛などは本来痛みが出ても人間には自然治癒力が備わっているので、 数日経過すれば本来痛みは消えていくものなのです。   何万年も …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索